毛抜きで無駄毛を抜くと埋没毛になるのでやめよう

毛抜きで脱毛して埋没毛になったら

埋没毛とは一体どのようなものでしょうか? 自宅で毛抜きを使って脱毛処理をするとよく起きることですが、処理をした後、皮膚のしたに毛根らしきものがみえていて、抜きたいけど、皮膚に埋まっていて抜けない。この状態はまさしく、皮膚の中で毛が成長している状態で、そういう毛のことを埋没毛といいます。

原因としては、毛抜きなどで抜こうとしたのはいいけれど、抜け切れずに途中で切れてしまい、皮膚の中に残ってしまった場合。抜き取ったことはいいけれど、毛穴が角質によって塞がってしまってから、皮膚の中で再生してしまった。このようなことから、皮膚の中で成長してしまったことが原因です。

また、もし埋没毛になってしまっても、放っておけば知らないうちに分解されて排泄されることが殆どです。

そして、毛の発育が止まるのと同時になくなっていきます。

しかし、異物だと反応して炎症を起こしてしまうこともあります。そんな時は針で穴を開けて、中から出してあげる方法もあります。自分でやるのならば、皮膚を消毒して針も消毒したものを使用してください。

針の消毒といえば、昔よく針は火で炙るといいと聞きましたが、これは単に炙るのではなく、赤くなるまで炙らないといけないので火傷をしてしまうかもしれません。そうなると、一番簡単にできるのは、煮沸消毒です。

あとは効果は小さいですが、ピーリングをしたり、お風呂場でスクラブを使ってマッサージしたりすると毛穴を塞いでいる角質が除去されて埋没毛も外に出てくる場合もあります。

しかし、こんなに苦労しなくても皮膚科で診察してもらうのが一番でしょう。脱毛後にこのようなトラブルに合わない為には、あまり簡単な判断で、毛抜きを使って脱毛をしないことです。

毛抜きで無駄毛を抜くと埋没毛になるのでやめよう関連ページ

ワキ脱毛するとワキガが改善する?
ワキガの治療法【ミライドライ治療】とは